「ピュア・ボディ/カラダとセックスの正直な法則」

和光大学講師の性人類学者であり、性の総合相談所「せい」所長であり、漫画家・槇村さとるさんの夫でもあるキム・ミョンガン氏の著作の一冊です。
セックスレスの女性の様々な実例をあげながら、その悩みに答えています。

セックスと愛情は別のもの、というのは私には納得できませんが、女性の中にもそういう人もいるかもしれません。
離婚はしたくないけどセックスしたいという人は、「セックス奉仕隊」を紹介され、家庭を守りつつ、自分の女性の部分を満足させれば良いということです。

自分の欲求に正直になること、セックスとは何かを知ること、セックスの相手選びの基準など、セックスレスの女性の悩みを、具体的に解消してくれます。
相手に問題がある場合、「回避型人格チェック」「男としての未熟度チェック」などもあり、その程度に応じて、どのように対処すべきか、相手を見直すきっかけを作ってくれます。
女性の側にも問題はなかったか、を見直し、どう改善していくか、というアドバイスもあります。

いろいろ試して、やっぱり今のパートナーを大切にしたい、という人は、まず自分を見直し、相手との接し方を変え、何とかパートナーを自分に振り向かせようと努力する結果になってます。
セックスレスで悩むのは、基本的にパートナーを愛していて別れられず、愛されていることを実感したい、という場合が多いでしょう。
愛するパートナーと、満足できる関係を築けるかどうかが、一番の問題です。
まず、自分の女の部分に常に磨きをかけ、オバサンなんて言わせない意気込みが必要です。
そして、自分の欲求をはっきり相手に伝え、理解してもらう必要があります。(この部分が一番難しいともいえますが)
さらに、ヨリを戻せたら、後戻りしないように、お互いに技術を磨き、いつまでもマンネリにならずに楽しめるような努力も必要でしょう。

カラダとしての満足だけでなく、心から幸せ、と思えるのは、やっぱり一番大好きな人と、一番気持ちいい関係になれて、一緒に最高潮の気分を味わえた時だと思います。

キム・ミョンガン氏のサイト「性と生のフォーラム」には、相談室の詳細などもあります。

「ピュア・ボディ/カラダとセックスの正直な法則」
キム・ミョンガン著

【目次】
実録・ケーススタディ あたしたちこのままじゃセックスできない!!

1章 セックスは、カラダと心の自然な欲求
◇セックスレスで悩む女性が増えている
◇セックスは、相手の気持ちをつなぎとめるためのもの?
◇いいセックスは、カラダも心も”ゆるむ”
◇どんなセックスをすると、幸せになれるの?
◇セックスが足りているとキレイになるのは事実
◇「気持ちいいセックスがしたい」と素直に認めるのが一歩
◇あなたが「すごく感じるセックス」は必ずあります
◇して欲しいことを男性に伝えるにはどうすればいい?
◇カラダのコンプレックスからセックスできないときは
◇「セックス=悪いこと」ではありません

2章 なぜダンナやカレシとセックスできないの?
◇セックスレスは私のせいじゃない!
◇ケース1 子どもができてセックスがなくなりました
◇ケース2 友だちみたいな夫婦で性欲が湧きません
◇ケース3 性欲に差がありすぎて、私は欲求不満
◇ケース4 恋人がセックスを求めてきません
コラム 回避型人格チェック
◇ケース5 ヘタな夫を責めたら誘わなくなりました
コラム あなたの夫の未熟度チェック
◇ケース6 自分に自信がなくて、男性とつきあえません

3章 セックスレスから脱出した女性たち
◇パートナー以外とのセックスのすすめ
◇処女コンプレックスとサヨナラしてカレシをゲット!
◇数年ぶりのセックスで、8キロ減、美人度もアップ
◇理想のカレとの10年愛も、セックスレスでピリオド
◇欲しいのは、セックスじゃなくて恋だと気づいた
◇不満はあるけど離婚はイヤ。恋愛モードは奉仕隊員と
◇愛する夫だから、セックスレスを克服したい

4章 「幸せになるためのセックス」をするには
◇ほんの少しの勇気が幸せなセックスを呼ぶ
◇夫や恋人選びの基準にセックスを忘れない
◇セックスのためだけの相手がいてもいい
◇結婚前に夫婦間のセックスのルールを必ず決めておく
◇セックスをガマンしてもいいことはなにもない
◇愛情とセックスは別であることを知る
◇マスターベーションで感じるなら、配線はOK
◇セックスの相手選びは食事したい人を参考に
◇セックスを楽しむための基本条件
◇セックスの相性を高めていくには?
◇セックスの相手に選んではいけないタイプ
◇男を萎えさせるのはこんな女
◇ボランティア・セックスは安心できる遊園地
◇最高のセックスってどんなもの?
◇「セックスオフ」という考え方
◇幸せなセックスは、すぐ目の前に

ケーススタディ・その後 セックスをとりもどすための人生レッスンはじめよう!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「True Love/スローセックスのすすめ」

日本初のセックススクールを設立された、アダム徳永さんの著作です。

男性は、射精を目的にせず、女性は、イッたふりをせず、ゆっくり触れ合い、お互いを慈しみ、本当にお互いが満足を感じるのが、本当のセックスだということです。

これを読んで、セックスレスの原因が、自分だけにあるわけではないとわかりました。
男性は、男性の欲求を満足させるように描かれた映画、ビデオ、雑誌などから、間違った情報を得て、女優の演技を信じ、男優のマネをしようとするとか。
でも、男性はまだ、間違っていようとも、女性を喜ばせようと努力をしています。
女性は、間違った男性の知識を真に受け、女優のような反応をしないと異常かと思い、感じたフリをしたりします。自分の身体のことも詳しくはわからず、何をしてほしいかもわからない、ということが多いそうです。

女性も男性も、一般的な情報を鵜呑みにせず、それぞれみんな違って当たり前のお互いの身体を追求し、満足いくまで愛情表現することが、セックスを本当に楽しむ第一歩かもしれません。
セックスはふたりで育てるもの、なのです。

「TRUE LOVE スローセックスのすすめ 」
アダム徳永著

【目次】
第1章 貴女を不幸にする22の現実
1.被害者はいつも女性たち
2.男性の無知
3.未熟なセックス
4.不幸を招く前戯という言葉
5.前戯15分・交接5分のジャンクセックス
6.アダルトビデオという間違った教科書
7.勝手な男の作り話の名器神話
8.性の悩みは誰にも聞けない
9.逃げ場がない生真面目な女性たち
10.大して変わらないテクニシャンと童貞
11.絶頂に対する誤解
12.性コミュニケーションの不足が大問題
13.イッたフリが男をダメにする
14.ワンナイトラブでは満たされない
15.成功パターンを繰り返す男たちの愚かさ
16.本当の男らしさを男も女も誤解している
17.つい見栄を張ってしまう初心者
18.正常位は射精位でしかない
19.自己満足する『裸の王様』の男たち
20.恋愛をダメにする稚拙なセックス
21.ペニスはそもそもGスポットには当たらない
22.女性のクイックオナニー

第2章 貴女が知らない19の真実
1.女性はいつまでたってもヴァージン
2.セックスはマスターべーションより何十倍も気持ちいい
3.快感をはかるのは回数ではなく深度
4.不感症女性の95パーセントは正常
5.女性は水の性、男性は火の性
6.終わりは射精と女性も信じている
7.快感は摩擦だけじゃない
8.開かれるのを待っている女性の性感
9.誰もが絶叫の可能性を秘めている
10.女性が変われば男も変わる
11.セックスは交響曲
12.全身にあらゆる音色の性感が分布している
13.実は男も悩んでる
14.愛されてこそ輝く女性の美
15.セックスもトレーニングが不可欠
16.愛の真偽を的確に判別する女性の性感
17.みんな違うアソコのなか
18.男を育てるほめ上手
19.クリトリスの正しい愛撫法

第3章 セックスが好きになる16のヒント
1.射精をゴールにしないスローセックス
2.膣でイカなくっても気にしない
3.セックスはふたりで育てるもの
4.”イク”と”感じる”は、イコールではない
5.DNAが覚えている淫靡なカラダの動かし方
6.3泊4日の温泉よりもいいセックス
7.遊園地より楽しいセックス
8.繊細な指先のタッチを実現しよう
9.”気”で動かなくても感じる不思議
10.男性の”気”の受け止め方
11.初恋のときめきが蘇るキスの仕方
12.異質なモノがとろけあう素晴らしさ
13.性エネルギーを高めるひとりの時間
14.長い助走ほど高く飛べる
15.大人のオモチャ不要論
16.男を変える甘え方

第4章 セックスに溺れる21の技術
1.まずはリラックス
2.官能の扉を開くアダムタッチ
3.アダムタッチの習得法
4.快感に浸れる絶対スピード
5.深海に沈んでいく官能感覚
6.髪の毛の愛撫が快感に誘うスイッチ
7.微細な刺激にチューニングを合わせる
8.愛撫は指、口は愛情表現
9.アダムバイブレーションの習得法
10.絶叫のTスポット、魅惑のAスポット
11.甘美な愛の空間演出法
12.女性も挿入を経験できる
13.男性をソノ気にさせる新技術
14.男性を絶叫させる”じらし”
15.男性を官能させる悦びを知ろう
16.羞恥心を捨てさり、自分解放
17.最高の体位は座位の理由
18.愛戯が30分、交接が30分
19.女性も早漏克服を手伝ってあげよう
20.同時エクスタシーは楽しいセックスのごほうび
21.離れていても気持ちいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)