« キス教本 | トップページ | ラヴァーズ・ガイド »

恋に落ちるとき

今日は、私だけの記念日です。

ずっとすぐそばで仕事をしていても、好きだということに気づかず、気にかかってはいても、恋だとは思いもよらず、単に好感の持てる人としか思っていませんでした。

七年前の今日は仕事で二人で出かけたのですが、彼が車を運転しながらの帰り道、助手席で夕日を見ながら、急激に息苦しくなり、もしかしたらこの人に恋してるのでは、と自分の気持ちに気づいてしまいました。
そんな馬鹿な、相手はおばさんとしか思ってないのに、ありえない、と思いつつ、好きだという気持ちが湧き上がってきました。

毎朝お化粧をするとき何故か彼の顔を思い浮かべたり、彼の視線を意識していた自分を思い起こし、そんな前から気になっていたんだ、と初めてきづきました。
この年で、こんなにドキドキすることなんてあるんだ、と不思議でした。

それからメールのやり取りをするうちに、相手も好意を持ってくれていることがわかり、世界が一変しました。
今までわかった気でいたことが、本当は何もわかっていなくて、いろんなことを実感しました。

人生は予定通りにはいかないこと。

ついてない人生かと思ったら、幸せはいつ来るかわからないこと。

自分がこんなにも男性を愛せること。

自分がこんなにも女だったこと。

失恋と復活愛も体験して、何があっても自分の気持ちを大事にしたいと思ったこと。

将来どうなるかはわからないけど、今何ができて、何をしたいか、何をすべきかが大切なこと。

人も人の気持ちも環境も、変わらないことなんてないけど、自分の大好きな大切なものは、いつまでもずっと大切にしたいと思ったこと。

人は、いくつになっても恋ができるし、恋の相手はいつどこで現れるかわからないこと。

|

« キス教本 | トップページ | ラヴァーズ・ガイド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176690/8141945

この記事へのトラックバック一覧です: 恋に落ちるとき:

« キス教本 | トップページ | ラヴァーズ・ガイド »