« 「Great Lover/幸せな恋人になるための愛し方とSexの方法」 | トップページ | セックスレス解消に本のプレゼント »

「100万回生きたねこ」

100万回生きたねこ Special Box

30年もの間ベストセラーを続ける絵本です。
子どもの本というより、大人のための恋愛絵本として支持されているような絵本です。

100万回も生きて、いろんな飼い主にかわいがられた、りっぱなトラもようのネコのお話です。
死ぬたびに、どの飼い主も嘆き悲しんでくれました。
けれどこのネコは、少しも悲しみません。
何度死んでも、生き返ることができ、どんなにかわいがってくれた飼い主に対してもまったく愛着を持たず、自分のことだけが大好きだったからです。

100万回目に生まれ変わったときは、ノラネコになりました。
たくさんのメス猫が近寄って来ましたが、まったく興味を示しません。
誰よりも、自分のことが好きだったのですから。

あるとき、自分のことにまったく興味を示さない白いネコに出会います。
いろんな自慢をしても、見向きもしません。
こんなにりっぱな自分を無視するなんて、と腹を立てますが、やがて自慢をやめて、
「そばにいても、いいかい?」
と白ネコにたずねます。

白ネコに受け入れられてからはずっと、白ネコのそばにいて、二度と自慢話はしなくなりました。
白ネコと白ネコが産んだたくさんの子ネコの方が、自分より好きになってました。
子ネコたちが巣立ってからも、少しおばあさんになった白ネコのそばにいました。
ずっと一緒に生きていきたいと思いました。

ある日、白ネコがとなりで動かなくなっていました。
トラネコは、100万回生きてきて初めて泣きました。
100万回泣きました。
そして、白ネコのとなりで、静かに動かなくなりました。

それから、二度と生き返りませんでした。

この本は、本当の自分の分身とも思えるほどのパートナーにプレゼントしたい本です。
何の打算もなく好きになり、自分よりも本当に大切に思える、命に代えてもいいと思えるほどの相手にだけ。

若い頃は、結婚を前提にパートナー探しをしますから、生活の質や子どもの能力や器量などに有利な相手ということで、打算的にならざるを得ません。
自分が誰よりも大切ですから。

一生のうちに一度でも、このネコのように、そばにいられるだけでいい、自分よりも大切な愛しいパートナーが見つかったら、それだけで幸せではありませんか?

100万回生きたねこ

|

« 「Great Lover/幸せな恋人になるための愛し方とSexの方法」 | トップページ | セックスレス解消に本のプレゼント »

コメント

大好きな本です。

息子と読みあった後、感想を言い合った記憶が
あります。

佐野さんの書かれた「ふつうがえらい」
も痛快です。

投稿: k | 2006年11月25日 (土) 21時00分

ココログをぶらぶらしてきて、思わずタイトルが目に付いたので読んでみました。
100万回生きた猫、懐かしいですね。
私は幼稚舎当時、何度読んでも全然意味が分からなくて戸惑った覚えがあります。
当時の感想は、「100万回も生きられていいな」だったかな?
もう一度買って読んでみます。

投稿: | 2006年11月25日 (土) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176690/4310814

この記事へのトラックバック一覧です: 「100万回生きたねこ」:

« 「Great Lover/幸せな恋人になるための愛し方とSexの方法」 | トップページ | セックスレス解消に本のプレゼント »